ダーウィンズゲーム

【ダーウィンズゲーム/ネタバレ感想】第10話 旧王(オールドワン)

スポンサーリンク

前回の次回予告で「オールドワン」なんて、とんでもないタイトルがついてて、「うわぁ……。これやばそう……」と思いながら、見てました、第10話。

結論からいうと、オールドワン的な意味ではやばくなかったけど、話の内容的にはやばかった。

第九話みたいな、ワクワクドキドキ、「格好いい!! クラン戦最高!!」みたいな展開は、一切なく!!(エイス戦なんですけどね……)

最初から最後まであるのは、「ワン……、ああ……。こいつ、最悪……」という感想。

ダーウィンズゲームの敵って、初回のばんだ君をのぞけば、味方になったり、戦うのに理由があったりする参加者が多かったけど。

ワンについては、作中で倒されてもまったく罪悪感が沸かない、むしろ倒されて上等! ここまでカナメと視聴者のヘイトを買ったキャラがどんなふうに退場するのかめっちゃ楽しみ!!! な、キャラになってると思う。

ここまで退場する瞬間が楽しみなキャラも、そうそういないなぁー……。

で。前回一応、仲間になった雪蘭ですが。

今回、出てきませんでしたね!!!

てっきり雪蘭が第九話で仲間になったのって、エイス戦への布石だと思ってたら、そんなことなかった!

むしろ宝探しゲームでホテルを倒壊させた⇒おかげでエイスのメンバーがおおかたやられた⇒落ち目のエイスなら倒せるんじゃない? という展開……、花屋さん、ナイスですよ……。

まさかホテルを倒壊させた結果が、後々のエイス戦に響いてくるとは思わなかった……。

新幹部! って触れ込みで登場したエイスの火炎魔人が、ホテルでの戦いで行方知れず(もしかして退場?)なのは意外だったけど。

あれかな、花屋さんの天敵ポジションだったのかな。

でも。花屋さんのおかげでエイスもだいぶ戦力を奪われてるし、うまくいけばシノヅカ君を助けて勝てるんじゃない? なんて雰囲気を出しながらの(しかもシノヅカ君もダーウィンズゲームの参加者になって、案外強めのシギル使いになってからの)、怒涛の展開よ……。

シノヅカ君の未来は、うん。なんとなくわかってました。

箱詰めにされてしまいましたね……。

Dゲームって、主人公サイドと関係のないキャラはさくっと退場させるし、関係を持てば持ったで大々的に劇的に退場させていくから(花屋さんとか)、シノヅカ君もどっちかだろうなぁ……とは思ってたけど、後者だった。

ひとりぐらい、カナメが日常に戻る理由として、残ってくれてもよかったんだけど……。これで、カナメの親友全員いなくなってしまった……。

箱を開ける瞬間に、あのOPの映像がさっと流れるの……、次からOP見るたびに思い出しそう……。

てっきり「カナメがDゲームに巻き込まれたために失った日常の象徴」的な映像だと思ってたら、まんま、カナメが失った人たちになってしまった……。

Dゲームって一応「一般人にゲームの存在がばれないようにする」みたいな規約があるはずなのに、エイスの動きを見ると、「え? このぐらいならOKなの? え、どこまでならダメなの? 警察の介入はいいの??」ってなるから、この一般人を巻き込まないってあたりが案外グレーゾーン……。

運営者よ、仕事しろ。ってレベルで、バレバレですよ。

カナメたち的には、一般人を巻き添えにするなんて絶対にNGだろうから、今後ほかのクランとの戦いでこの規約のグレーゾーンを利用されないといいんですけど……。

タイトルとURLをコピーしました